防風通聖散と飲み合わせが悪い薬はあるのか?注意すべき成分や症状

防風通聖散と飲み合わせが悪い薬はあるのか?注意すべき成分や症状

 

 

ダイエットや健康のために手軽に利用できる防風通聖散ですが、漢方なので効き目がゆるやかだとは言っても、やはり成分同士の組み合わせによっては思いもよらない副作用を招くことがあります。

 

そこで気を付けて欲しい成分がエフェドリン・甲状腺ホルモン剤・テオフィリン・グリチルリチン・アドレナリン・イソプレナリン・甘草といった成分です。

 

成分で見るとどんな薬がこれに該当するのかピンと来ないと思いますが、主に風邪薬や喘息の薬、気管支拡張剤や生理痛の痛み止めなどが該当するものもあるので、もしこうしたお薬を既に服用しているのであれば、かかりつけのお医者さんに防風通聖散を使用してもいいのか確認をとるようにしましょう。

 

 

 

また、すでに防風通聖散を飲んでいて体調がすぐれないために病院へ行こうと思っているなら、必ず今防風通聖散を飲んでいるということを伝えましょう。処方される薬によっては、いったん中止をするように言われることもありますし、飲み合わせに問題がなければ続けてもいいと言われると思います。

 

覚えておかなければならないのは、防風通聖散はダイエットや便秘苦を改善するためのサプリメント(食事)なのではなく、ゆるやかな効果を持っている『薬』だということです。

 

薬を使っている以上は飲み方や使用方法を間違うと、必ず何かしらの悪い影響を及ぼしてしまうので、自己判断はせずに医師に相談しながら飲むようにしてくださいね。