防風通聖散は漢方薬だからのみ合わせを考える必要はない?

防風通聖散は漢方薬だからのみ合わせを考える必要はない?

 

 

痩せる・デトックス効果がある・冷えの改善になる・お通じがよくなる、など多くの美容と健康効果に貢献してくれるとして、主にダイエットを試みる人たちに注目を集めている防風通聖散ですが、病気を治すために飲む物というよりは綺麗になりたい・健康になりたいといった面が強いこともあって、のみ合わせについて考えることがあまりないのではないでしょうか。

 

確かに頭痛薬や風邪薬といった治療薬とは違って、体質改善を目的としたようなものなので防風通聖散に対する意識も少し緩くなりがちですが、防風通聖散は18種類もの生薬からできた漢方薬という薬なのでのみ合わせは考える必要があります。

 

 

 

基本的にはあまり神経質になる必要もないのですが、やはり成分が重複するものであったりとか場合によっては治療薬に入っている成分が防風通聖散と併用して飲むことができないものもあるので、もし防風通聖散を飲んでいて他の薬を飲む必要が出てきたのであれば、自己判断はせずに医師や薬剤師に相談して飲んでもいいのかそれともいったん中断すべきなのか判断してもらうようにしましょう。

 

ただし、はっきりと一緒に飲んではいけないと言えるものがあります。それは止瀉薬、つまり下剤です。防風通聖散はお通じをよくする生薬が配合されていますが、それがいわゆる止瀉薬にあたるものなので便秘を早くどうにかしたいからといって、防風通聖散を飲んで更に他の止瀉薬も飲むといったことをしてしまうとお腹を下して下痢をしてしまいます。

 

 

 

ですから、のみ合わせというよりは重複するという意味でダイレクトに効果が出てしまう止瀉薬は、防風通聖散を飲んだ時は飲まないようにしましょう。

 

 

防風通聖散 ダイエットに効果は?